株式投資で大切な過去から学ぶ

現在、過去、未来と語学を学ぶ時の文法をやろうというわけではない。
過去があるから、現在がある。
ですので、現在があるから未来がある。

何かと言えば、株式投資も過去から現在、未来とつながっているのです。


株式投資チャートの見方を説明します。

株式投資チャートとは、
株価チャートとも呼ばれる株価の変動をグラフで表したものです。

株式投資チャートの見方を覚えると
株式投資チャートから表示されている以上の
さまざまな情報を得られるようになります。

グラフの表記のしかたには一定の基準があります。

最も有名なものは「ローソク足」と呼ばれる、
名前のとおりローソクをイラストに描いたような図形で株価の変動を表す方式です。

株価の終値が始値よりも高い場合は「陽線」と呼ばれ、
ローソクの本体が白い長方形で表されます。

逆に、始値のほうが終値よりも高い場合には、
「陰線」と呼ばれ、ローソクの本体は黒い長方形で表されることになります。

それぞれ、長方形の上底と下底が終値と始値に該当します。

そして、ローソクのしんのように長方形から線が上下に伸びますが、
これは株価のその日一日の最高値と最安値をあらわします。

これらを組み合わせて形作られるローソクが縦に長いほど、
株価の一日での変動が激しいということです。

この一日一本のローソクを並べて、
期間のグラフとしているものが、株式投資チャートです。

良くも悪くも株価の動きが安定しているときには、
ローソクは一貫して白か黒が連続することになり、
大きな変動があるときには白と黒のローソクが入り混じるかたちになります。


稼ぎながらチャートの見方を身に着ける方法があります。

それは、億トレ株式銘柄配信サービスを利用すること。
もちろん、投資ですから、100%勝ちはありませんが、
勝率は高いです。

億トレには、ゴールドコースとシルバーコースがあります。

2週間の無料期間がありますので、
とりあえず登録して、2週間トレードしてみてください。

そこで、儲けられたら、続けて
チャートの見方を身に着けてください。

登録は下記からどうぞ!