投資信託について

 一般投資家からお金を集め、
販売会社がその集まった資金を資産運用の専門家に託して
株式や債券金融派生商品や不動産などの分野に指示して
その運用利益が出たら投資家へ還元する商品で、
2007年ごろから盛んに売り出されるようになった。

 毎月分配型というのもあり、基準価格が上がると分配金も上がる傾向にあるが、
基準価格が下がると解約する人も出て原資の額も少なくなるために、
分配金もタイムラグを経て下がってくる。

そのうち顕著になると解約する人も増え、
又、分配金も減るスパイラルに陥りやすい。

 原本保証もなく、損を出すこともあり、
販売時にそういう説明もあるが個人の責任でもって契約するもの。

いつ何どきどんな変化が起こるかは誰も予測できないので、
これはリスクとなる。リーマンショックなどはその為基準価格は一気に6割方に下ってしまった。

 たまごを籠に盛るときは分散して盛れという鉄則はあるものの、
今回はそれも当たらなかった。

利益を得たのは一部の投機目的のヘッジファンドぐらいだった可能性がある。


億トレ銘柄配信サービス
ゴールドコースとシルバーコース



両コースとも2週間の無料期間があります。

とりあえず登録してみてください。
稼げると判断された時のみ、有料コースへ移行してください。

登録は下記からどうぞ!